• ポットB

  • 石曽根沙苗(ceramic studio Wol)

    ポットB

    税込み ¥8,000
    光沢8,000円
    在庫なし

こちらの商品は大変多くのご注文をいただき在庫切れとなっております。申し訳ありません。

入荷次第当店からの連絡を希望されるお客様はこちらのリンクからメールをお送りください(本文は空欄で結構です)。

※入荷連絡ご希望をいただいた方全員に確認メールを送信しております。数日経ってもそちらが届かない場合はshop@tsumugiya.jpからのメールを受信できるよう迷惑メール設定等をご確認ください。

※携帯キャリアのメール(特に@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど)は、迷惑メールと判断され当店からのメールが届かないケースが多くございます。極力それ以外のメールアドレスからお送りいただきますようお願いいたします。






<サイズ>
直径(口径):約60mm(注ぎ口・持ち手含む最大長さ:約165mm)/蓋除く高さ:約90mm/蓋含む高さ:約105mm

*サイズは代表的な寸法を記載しております。焼き物は1つ1つ手作りされるため大きさには個体差がございます。ご了承ください。

<容量>
(実用容量)およそ370ml

*容量はあくまでも大凡の目安としてお考えください。

<素材>
半磁器

<配送オプション>
ネコポス:対象外
宅急便コンパクト:対象外




- この商品の作り手 -



石曽根沙苗(ceramic studio Wol)



長野県松本市で作陶される石曽根沙苗さん。
ceramic studio Wolの屋号で活動されています。

"Wol"とは、韓国語で「月」の意味。
燦々と降り注ぐ陽の光とは違う、穏やかで凛とした月の光。
自らが輝くわけではなく、太陽の光に照らされて控えめに(それでいて着実な存在感を持って)静かに蒼い光を放つ月。

照らしてくれる太陽がいて、月は初めてその存在や美しさを顕わします。

それはまるで良い道具とそれを大切に使う人との関係のよう。
道具は、それ自らが光を放つことはありません。良い使い手が大切に使って初めて光り輝くのです。

Wolという名前には、自分の作品がそんな月のように輝ける出会いに巡り会えますようにという石曽根さんの願いが込められているのかもしれません。

そういえば、光の当たり方で様々な表情を見せてくれる石曽根さんの作品は、まさに月の満ち欠けのようでもありますね。





石曽根沙苗陶歴

1992 長野県生まれ
2011 長野県松本市立松本第一高等学校 普通科 美術工芸コース卒業
2013 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所 デザインコース卒業
現在は、長野県松本市で作陶中。



石曽根沙苗(ceramic studio Wol)の全商品はこちら>> #石曽根沙苗(ceramic studio Wol)




- ご注意いただきたいこと -


※商品写真はできる限り実物の色・質感に近づけるよう撮影しておりますが、お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味・質感が異なる場合がございます。

※電子レンジはご利用いただけますが、電子レンジをご使用の際には500-600W程度の出力で短時間のご使用にしてください。

※金属製のカトラリーによってメタルマークという黒っぽい跡がつく場合があります。

※うつわは一点一点手作りされています。中にはゆがみがあったり、ざらついていたり、色が均一でなかったりします。ぜひ手作り商品の個性として制作工程に思いを馳せながらお楽しみください。また、使い込むほどに深みを増し、変化する風合いもお楽しみください。

※実店舗にて同時に販売しております。ご注文いただいた後に在庫状況を確認いたしますが、在庫ありの商品でもご注文いただいた時点で「在庫切れ」の場合がございます。その際はメールにてご連絡いたします。何卒ご了承ください。

商品カテゴリー