• パン皿(大)

  • 柴田慶信商店(大館曲げわっぱ)

    パン皿(大)

    税込み ¥7,700

    数量

呼吸するお皿です。



お弁当箱やおひつでもお馴染みの「調湿作用」で焼きたてのパンの蒸気が程よく吸収されるので、パンとお皿の間に水滴がつきにくいのです。

*調湿作用・・・杉などの木材は、空気が乾燥している状態では材中に含まれている水分を吐き出して収縮し、逆に湿気の多い状態では空気中の余分な湿気を吸収して膨張します。この結果、空気中の湿度が程よく保たれるわけです。これが「調湿作用」と呼ばれるものです。

パン皿(大)は、標準的なトーストの1枚サイズが乗る大きさです。



「マゲワ」シリーズ



「これは本当に優れもの!」とのお声を数多くいただき、紡ぎ舎の人気商品ランキングでも常に上位にランクインする曲げわっぱのバターケース。
こちらのパン皿とバターケースは共に「マゲワ」シリーズの仲間です。

バターをしっとりと適度な柔らかさで保ってくれるバターケース。
カリッと焼き上げたパンが蒸気でしんなりしないように保ってくれるパン皿。

日本で生まれ育った伝統工芸が、実はパンとも相性抜群だったのですね。

>> バターケースはこちら







綴じ目もよく見て欲しい



曲げわっぱは薄い天然杉を文字通り「曲げて」輪っかを作っています。そのぐるっと曲げた輪っかを留める部分が「綴じ目」です。
柴田慶信商店の曲げわっぱの綴じ目は山桜の木の皮(樺)を使っています。

この樺を山桜の木から剥がすのは時期が決まっていて、その時期を外すとうまく剥がすことができないのだそうです。私たちが初めて大館をお邪魔したのもまさにその時期でした。天然杉同様にこの樺もなかなか入手が難しい貴重な自然の材料です。それを女性の職人さんが一つ一つ手で縫い込んでいます。しっかりとお手入れをして大切に長く使いたいですね。






<サイズ>
縦:約195mm/横:約252mm/高さ:約20mm

<素材>
天然杉(樹齢150年以上)

<配送オプション>
ネコポス:対象外
宅急便コンパクト:対象外




- この商品の使い方・お手入れ -



>> 白木曲げわっぱのお手入れ



- この商品の作り手 -



柴田慶信商店



「守破離」

柴田慶信商店が大切にしている言葉です。私たちが工房にお邪魔した時にも柴田昌正社長が真っ先に説明してくださったことです。
まずは教えを忠実に「守」る。そしてその教えの殻を「破」って自分なりのやり方を確立して、やがて学んだ場所を「離」れて独立していく。そうやって若い職人さんが将来、柴田慶信商店から独立していいものづくりの輪が広がって欲しいという願いが込められています。

自分たちだけの繁栄ではない、業界の発展、ひいては日本全体の伝統的なものづくりの発展を願う昌正社長の思いは、お話の端々に滲み出ていました。そして何よりも、一切の妥協のない商品にしっかりと表れています。私たちも益々柴田慶信商店のファンになったのでした。

柴田慶信商店の全商品はこちら>> #柴田慶信商店




- ご注意いただきたいこと -


※商品写真はできる限り実物の色・質感に近づけるよう撮影しておりますが、お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味・質感が異なる場合がございます。

※一つ一つ手作りしている商品は、色、形などに多少の個体差がある場合がございます。ぜひ手作り商品の個性として、制作工程に思いを馳せながらお楽しみください。

※実店舗にて同時に販売しております。ご注文いただいた後に在庫状況を確認いたしますが、在庫ありの商品でもご注文いただいた時点で「在庫切れ」の場合がございます。その際はメールにてご連絡いたします。何卒ご了承ください。

商品カテゴリー