• フォークSL

  • 竹俣勇壱

    フォークSL

    税込み ¥2,200

羊羹やカステラサイズ



フォークSLは、フォークSよりも少し先の刺す部分が長く作られています。
フォークSは和菓子やフルーツにおすすめですが、こちらのSLはもう少し大きな羊羹やカステラを食べるのにぴったりのサイズ。

先端の形状や角度が絶妙で、刺さりやすく、そして刺したものが抜けにくいというフォークが備えるべき機能性をとても高いレベルで備えています。

カステラなどは、黒文字の「菓子切」では少し小さいし、よくあるデザート用のフォークでは少し大きい。でもこれくらいのものにちょうどよく使えるフォークってなかなかないですよね。そんな時、このフォークSLがおすすめです。





「侘び寂び」を感じます



フォークという西洋の食器でありながら、竹俣勇壱さんのこのシリーズはどこか「侘び寂び」を感じます。
おそらくその繊細さや、柄の部分の美しい槌目のおかげだと思います(このカトラリーは一点一点「鍛金」と言って金属を槌で叩いて手作りされているので槌の跡が残っているのです。これが「槌目」です)。

だからこそ、竹俣勇壱さんのカトラリーはどれも洋食器にも和食器にも本当にうまく馴染んでくれます。
少しずつシリーズで揃えていきたい手しごとの逸品です。








<サイズ>
長さ:112mm

<素材>
ステンレス

<配送オプション>
ネコポス:対象(区分A)
宅急便コンパクト:対象

商品の組合せ、数量等により、規定のサイズを超えますと、ご利用になれない場合があります。詳しくは配送料についてをご確認ください。




- この商品の作り手 -



竹俣勇壱



石川県金沢市から「使いにくい」カトラリー

石川県金沢市で彫金師としてオーダージュエリーを制作する一方、カトラリーなどの日用品も手がける竹俣勇壱さん。
その繊細なジュエリーやカトラリーとは裏腹に、大柄な体躯と快活な話し口が印象的な方です。

自身も「基本外食ばかり」という竹俣さんのカトラリーは、「家庭らしさ」とか「生活感」を排除したかっこいいものばかり。実際にレストランで使われることも多いカトラリーは、普段の日常の中にもちょっとした非日常性をもたらしてくれる、スッと背筋の伸びるアイテムです。

手にした時の程よい緊張感で持つ人の所作が美しくなるようにと、敢えて「使いにくい」形にしたというカトラリー。「でも意外と使いやすいですって言われるんだよね」と笑う竹俣さんは、少しつまらなさそうに、でも少し嬉しそうに見えました。

竹俣勇壱の全商品はこちら>> #竹俣勇壱





- ご注意いただきたいこと -


※商品写真はできる限り実物の色・質感に近づけるよう撮影しておりますが、お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味・質感が異なる場合がございます。

※一つ一つ手作りしている商品は、色、形などに多少の個体差がある場合がございます。ぜひ手作り商品の個性として、制作工程に思いを馳せながらお楽しみください。

※実店舗にて同時に販売しております。ご注文いただいた後に在庫状況を確認いたしますが、在庫ありの商品でもご注文いただいた時点で「在庫切れ」の場合がございます。その際はメールにてご連絡いたします。何卒ご了承ください。

合わせて買いたい

商品カテゴリー