陶器のイメージ写真
 

陶器と一口にいっても、土の種類や釉薬、貫入の具合、等々によって性質はさまざまです。
ここでは一般的なお手入れ方法をご紹介します。詳細は各商品に同封の説明書をご確認いただくか、当店までお問い合わせください。

使い始め

陶器は大変吸水性の高いものです。
新しい乾いた「やきもの」をそのままお使いになると、食べ物の汁や醤油などが器の中に浸み込み、汚れることがあります。初めてお使いになるときは、半日(出来れば丸一日)くらい水の中に浸し、十分に器を湿らせてからお使いください。

粉引などのうつわを水に浸けると、グレーっぽい斑点が出たりすることがあります。土に水分が浸透すると起こる現象ですので全く問題ありません。

目止めについて

陶器の中でも粗い土のものは、汚れやにおいをつきにくくしたり、水漏れを防いだりするため、米や片栗粉などのでんぷん質のあるもので貫入(*末尾参照)や粗い土目を塞ぐ「目止め」という方法があります。
目止めがカビを誘発したり、陶器の種類によっては目止めによって却ってにおいを付きやすくするという説もあり注意が必要ですが、土鍋のように目の粗い陶器の場合はこの目止めが必要になる場合があります。詳細は同封の取扱説明書をご確認いただくか、当店までお問い合わせ下さい。

紡ぎ舎スタッフは、よほど目の粗い陶器でない限り、基本的には目止めはせずに水に浸してから使っています。

「目止め」の方法

  1. 大きめの鍋に米の研ぎ汁、もしくは水に片栗粉または小麦粉を溶かしたものを器が完全に浸るくらいまで入れ、弱火で15〜20分ほど煮沸します。
  2. 火を止め、そのままの状態で冷まします。
  3. 冷めたら、ぬめりを洗い流し、よく乾かします。


普段のお手入れ

  • お使いになる前に数分程度水に浸してからお使いください。
  • 水を含むとうつわの表面がしっとりした肌合いになり、料理が映えるようになります。揚げ物には紙を一枚敷いて盛り付けるのがおすすめです。
  • お使いになった後は、出来るだけ早くスポンジに中性洗剤をつけて水洗いをしてください。布巾で拭いた後はすぐにしまわず、一晩ほど乾かすのが理想的です。乾燥が不十分だと、カビやにおいの原因になります。器の底面を上にして、重ならない状態で乾燥させてください。
  • 重ねて収納するときは、同じ材質や形のものを重ねると傷がつきにくくなります。また、キッチンペーパーや和紙などを挟むと傷を防ぎ、水分を吸収してくれます。


こんな時は?

カビが生えてしまった
まずは洗って、煮沸消毒してみてください。
それでも落ちない場合には、薄めた食器用漂白剤に浸してからしっかりすすぎ、天日干しなどで十分に乾燥させてください。

においがついてしまって取れない
レモンを絞った水にいれ、ゆっくりと煮沸します。
それでも取れない場合には、重曹を水に溶かしたもの(水1リットルあたり重曹大さじ4杯程度)に半日〜1日浸し、丁寧に洗い流します。完全に乾いてもまだにおいが取れない場合には、同様の処理を2〜3回繰り返します。

しみがついてしまった
食器用漂白剤に浸してからしっかりすすぎ、天日干しなどで十分に乾燥させてください。
茶しぶやコーヒーなどの染みには、大さじ1杯くらいの塩をスポンジに乗せ、水を含ませて磨きます。その他、煮沸消毒も有効です。


注意喚起マーク
ご注意いただきたいこと

  • 食洗機をお使いの時は、うつわが完全に乾いていますので、使い始めと同様に再度水に浸してからお使いください。また、うつわ同士がぶつかると欠けやすくなりますので、ご注意ください。
  • 陶器は吸水性が高く、長時間つけ置きすると素地が汚れを吸ってカビやシミの原因になります。ご注意ください。
  • 硬いスポンジや金たわし、クレンザーの使用は、表面に傷がつき、電子レンジなどを使用した際に破損する原因になりますので避けてください。
  • 電子レンジやオーブンの使用は、可能なものもありますが、陶器は吸水性が高いため、陶器内部に水分が残った状態で温めると急な温度変化で膨張し、破損する恐れがあります。なるべくご使用はお控えください。



*貫入について

美しい貫入の萩焼茶碗(三輪休雪十一代)

貫入とは、陶器が焼かれた後に冷えていく過程で、陶器本体の素地と釉薬の収縮度の違い(釉薬の方が土よりも縮む)により表面の釉薬がヒビのような状態になって固まる現象を言います。
この貫入に茶渋やコーヒーなどの色素が入り込んで徐々に色が付いてきます。
このように少しずつ「景色」が変化して育っていくのを眺めるのも焼き物の楽しみの一つです。茶陶で有名な萩焼では、この貫入に少しずつ茶が染み込んで色合いが味わい深く変化していく様子を「萩の七化け」と呼んで古来から愛でられてきました。

陶磁器の製品一覧 >